ほぼ毎日更新!朝礼ネタ提供サイトです。朝礼スピーチ作成にお困りでしたらぜひご利用ください。

(スポンサーリンク)

主にテクノロジーに関するスピーチです。

皆さんもご存知の通りとうとう次世代携帯通信の規格である5Gが主要都市を中心にサービスを開始することになりました。現在の携帯電話の通信速度の約100倍を誇ると言うこともあり様々な生活の変化がもたらされると考えられます。実際に日本は通信キャリアは通信網、インフラを提供するだけではなくシステムインテグレーションの役割を果たソートしていますし、製造業や商社も通信網を活用した新たなビジネスを提案しようとしています。よく業界ではゲームチェンジと言う言葉が使われますが正しく、5Gのサービスが広がってくると業界が大きく変わってくると思います。これまで通信に関係がない世界でビジネスを展開していたとしても、新たな...
皆さんはデジタルサイネージという言葉をご存知でしょうか?日本ではデジタル看板と呼ばれているものです。画面表示が一定時間で切り替わり複数の広告を表示できるものです。最近は、様々なお店や施設などでも目にすることも多くなってきました。デジタル看板は従来の看板よりも集客率は高いのですが、目覚ましい成果をあげるには至りませんでした。その最大の理由は、客を見ていないことです。営業では、相手のことを知った上で、有効なコミュニケーションをとることが重要です。デジタル看板はそれができません。しかし、昨今、デジタル看板はAIを使った顔認識システムと組み合わせることで飛躍的な進化を遂げています。今目の前にいる人が女...
皆さんおはようございます!本日の朝礼は、5Gについてお話しようと思います。最近よく耳にするこのキーワード、これは「第5世代移動通信システム」という意味です。インターネットは本来、人と人をつなげるためにあるものでした。メッセージを送ったり、資料を発信したり、限界ある人の肉体機能をサポートし、より速く、より遠く人々をつなげようとしたのがインターネットです。ですが、5Gの主体は人とは限りません。これからは、モノとモノがつながるようになり、機械同士で情報を伝えあって働きをするという時代がやってきます。例えばAI、自動運転、IoTがそうですね。もちろん最終的には人の為の働きをするのですが、その情報伝達の...
iphoneやMac bookで有名なAppleがゲーミングPCの発売を発表しました。おそらく、来年の6月ごろと予定されていて、価格としては55万円ほどだそうです。昔はまさか、ゲームがスポーツになるなんて思いませんでしたし、eスポーツという言葉ができ、そのプロまでもがでてきています。時代の変化は早いもので、常にそういった変化に追いついていかないと、自分自身が取り残されてしまいます。普段、どんなことでもいいので、なにか新しい知識や経験を取り入れる習慣を身につけておきましょう。今は安定に暮らせているかもしれませんが、もしかしたら明日、会社を辞めなくてはいけなくなったり、生きていく術がなくなってしま...
世界最大の展示会であるコンシューマエレクトロニクスショーがアメリカのロサンゼルスで行われました。私も数年前に参加したことがあるのですが、昔の家電製品やオーディオビジュアルではなく、展示の主役となっているのはこれからの世界を変えていくであろうAIや車の進化、5Gの描く世界になっています。そしてこれらのキーとなる技術はすでに現実のものであり、我々の便利な生活を支える商品やソリューションとして既に身の回りに近づきつつあります。例えば、車の自動運転もあと5年も経てば本当に身近に感じられるようになるでしょう。さらに近いところで言えば、5Gの商用はすぐにでも始まります。また、すでに身の回りにあるものとして...
スマホなどの通信方式には、技術革新に合わせて3Gや4Gなどと名称がついていて、私たちは、現在4G世代の通信技術を使ってます。世界を見ると既に次世代技術である5Gが商用化されていて、この分野では中国が先頭を走ってます。5Gすら体験した事がないので、更にその先の6Gがどんなものか、良くわからなかったので調べてみたところ、SF映画のような世界が来るかもしれないようです。まず、6Gというのは5Gと比較してどう優れているかというと、一度に送受信できる情報量が5Gと比較しても10倍多くなるそうです。また、通信スピードも5Gよりも10倍速くなるそうで、早くて大量の情報を送ることができるようです。実際にどのよ...
現在は4G(LTE)が皆さんが日常的に使用する通信規格かと思います。2020年となり次は5Gの時代に突入しようとしております。まだ5Gによってどのようなことが実現できるようになるか、具体的にイメージできていない方が多いかと思いますので私の把握している情報を5Gには3つの技術の柱があります。高速で大容量(最大20Gbps)、低遅延(1ms)、多数端末接続(10^デバイス/km2)です。私は2つ目の低遅延が最もインパクトのある技術だと考えています。1ms以下の遅延となることにより、自動運転や遠隔医療が可能となります。現在、人手不足と世間的には騒がれていますが、この問題を解決できる素晴らしい技術だと...
経済産業省が公開したDXレポートによると、数十年前から存在するCOBOL(コボル)やメインフレームを使ったいわゆるレガシーなシステムを刷新しない場合、2025年移行の日本経済は年間で約12兆円もの経済的損失を被り続ける可能性があるといわれています。これは2025年の崖と呼ばれており、既存システムの中でレガシーとされる時代遅れのシステムを早急に刷新する必要が叫ばれています。すでにインターネット上ではGAFA、すなわち、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンによって多くのサービスが整えられつつあり、日本はそれらの外資に利益を吸い上げられているとも言えます。そのうえで、2025年の崖に対して対...
AIが人間の知性を超える技術的特異点(シンギュラリティ)が2045年にやってくると、色々な場所で話題になって久しいですね。AIが人間から仕事を奪う過程で、収入を失った失業者が増えていくことが懸念されており、ニュースではこの数年間で何度もあの職業が奪われるとか、奪われない職業ランキングを見させられています。とても不安を煽るようなニュースばかりで、その気持はわかるのですが、私はその先に興味があります。労働は生きていく為に仕方なく行う事という認識が、働きたい人が働く社会に変わっていく方が健全だと考えているので、早くAIの皆さんには人間の仕事を一つ残らず奪い去ってほしいぐらいです。前向きな働き方が推奨...
IT業界は、日進月歩にて日々、技術も変化しています。皆さんもご存知の通り、AI技術も進んでおり、企業内も業務の簡素化など促進していますし、かなり仕事内容が変化しているのもご理解いただけるでしょう。そうした中で、自分が行うべき業務はどういった仕事か、きちんと自己分析を行い対策していくことは重要になります。仕事を始める前にまず自分で今日の仕事はどう対処すべきかイメージしてみましょう。そうすることで、どういった仕事をすべきか、自分でも理解できるようになります。朝のイマジネーションが1日を左右すると言っても過言ではないように、とても朝の時間は重要になります。仕事も集中できますし、まず自分が今日1日、ど...
最近では、オフィスだけでなく、家庭でも家電設備が完備されているので、オートメーション化が進んでいます。オフィス機器だけでなく、家電でも最新のテクノロジーを使いこなせば、今まで人間の手で数時間かけて行っていた作業も、数十分で完了できたり、ロボット機器が代行して行ってくれる場合もあります。これからの時代は、オフィスで働く際に、人間の同僚や部下だけでなく、オフィス機器やロボットを上手に使いこなしていくことが、業務時間の短縮化に繋がります。「私は機械オンチだから」と言わずに、最新のオフィス機器やロボットを使いこなせる知識をマスターしていくことが大事です。今、世界各地では、最新テクノロジーの開発のために...
最近、IoTという言葉を耳にする機会が増えました。IoTとは簡単にいうと世の中の様々な物がインターネットに接続される技術です。IoTは4つのブロックに分けられ、反応や変化を感知するセンサー、センサーのデータを保存するクラウド、クラウドに蓄積した情報を判断したり処理するAI、そしてAIが判定した処理を実行に活かすアクチュエーターがあります。例えば、部屋の温度をセンサーが常に感知し、その情報をクラウドに上げて、一定以上の温度になったとAIが判断するとエアコンを自動でONするなどのシステムで活用されています。これがお酒の製造工場の温度管理、道路の凍結状況の管理ですでに活用されているそうです。他にもス...
日々に忙殺されると自分の仕事って何だろう?なんてことをふと考えてしまいます。そんな時あるニュースを目にしました。世界初、寝たきりの人が操作できる分身ロボット【ORIHIME】と、そのロボットが働く分身ロボットカフェ。遠隔操作して、ロボットを通じパイロット達による個性豊かな接客対応が楽しめるとのこと。出動前に鏡で身だしなみを整えたり、初出動の後輩を励ましたり、同僚に駆け寄ったり…。不慮の事故や病気で動かなくなってしまった身体で、そんな風にロボットを通じて人間らしい仕草、何気ない気遣いや小仕事を全うする…そんなニュースを見てテクノロジーの進化を驚くとともに、五体満足な自分が普段何気なくしている行動...
ニール・アームストロングは、アポロ11号の船長として月に向かい、人類で最初に月面に立った人物「ファーストマン」として歴史に名を残した人物です。私がアームストロングに感銘を受けたのは仕事への向き合い方です。アポロ計画を成功させるためには、乗り越えなければいけない技術的課題が山積していました。当然いくつものテストや訓練を行いますが、時にはアームストロング自身が乗り込んだ着陸船のテスト機が、空中でバランスを失い墜落炎上してしまうこともありました。実際他の宇宙飛行士たちが乗りたがらなかったほどですが、彼は恐れず積極的にテストに参加したのです。アームストロングの信念は徹底していました。ただ一つ、アポロ計...
日本人のノーベル賞受賞者が続いています。このノーベル賞というものについてみなさんは詳しく知っているでしょうか。みなさんの周りを見てみてください。たとえば、そのエアコン。あなたは一人でエアコンを作ることができますか?エアコンを作るにしても、洗濯機を作るにしても、その作る技術を生み出した人間がいるのです。たとえば、今では、あたりまえのものになっているLED。これは20年前にはありませんでした。「青色発光ダイオード」というものを日本人の科学者が作り出し、それが世界中に波及していったわけです。青色発光ダイオードを作った日本人は、はじめは、誰もが「無理だろう。」ということに挑戦し、失敗を繰り返し、やっと...
最近ではVRという最新技術が世間を賑わせています。そして様々な企業などがVRを取り入れ新たなサービスを開発しようとしています。まだまだ身近なものとは言い難いですが家庭用ゲーム機プレイステーション4の周辺機器としてVR機器が販売されましたし少しづつではありますが世間に広まっていくと思います。こういった新しいものが出た時に懐疑的な考えを持つ方も少なくありません。しかしそういった新しいものを積極的に取り入れて行くことは現状を変える大きな1歩となります。現状に満足するだけではそこで進化が終わってしまいます。だからこそ常に先を見て新しいことを取り入れ挑戦していくことが大切です。新しい物や考えが生まれた時...
多くの人がインターネットと初めて出会ったのは、マイクロソフトがWindows95を発売した時ではないでしょうか。それまではパソコンという物の存在は知っていたけれど、どこか自分とは縁遠い物と感じていた人も少なくはないでしょう。当時のインターネットは、画像を表示するだけで数分間待つことも当たり前でした。電話の発着信に使用する、アナログ回線を使用していたのですから当たり前の事なのですが、今となっては信じられませんね。そんな、コマ送りでネット上の画像が表示される様な状態で、驚くような事を話す人がいました。将来的にインターネット上でTVを見ることになると思うと話しているのです。コマ送りで画像を表示してい...
今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが選ばれました。日本人によるノーベル賞受賞はこれで3年連続。なんだか心がワクワクするようなニュースです。こういった科学技術系の受賞の多くは「基礎研究」という分野でのモノが多いです。山中伸弥教授の「iPS細胞」や中村修二教授の「青色LED」など記憶に新しいところです。科学技術系の受賞がなされた時に、よく耳にする愚問が「何の役に立つの?」です。これは「国語や算数は何のために勉強しているの?」と聞いているのと同じです。例えば、誰でも電車に乗る事はできると思いますが、電車に乗るためには「行先の駅名を読む」必要があります。「行先まで...
みなさん、おはようございます。今年も例年通り、9月の頭にiPhoneの新シリーズの発表が行われました。このニュースには興味をもって関心を抱いた方も多かったのではないでしょうか。なにしろ、日本においてはiPhoneの所有率が60パーセントに迫る勢いなので買い替えを含めて、注目している方々が多いのはうなづけます。そして、今年のモデルで注目すべきは明らかに日本に重点を置いた開発をしている点です。防水、防塵機能、そしてFelicaチップの搭載と明らかに日本向けのスペックにほかなりません。評論家の話では、世界では日本ほどのアップルの支配力はなく、日本での足固めをこれまで以上に図るための戦略だと聞きます。...
スマホに乗り換えてから2年ほど経ちました。最初は「アプリって何!?」と思ったり、操作方法一つとっても四苦八苦していましたが、段々使いこなせると便利な機能もあって手放せなくなっています。ガラケーの携帯電話が出たときも似たような感覚だったように思います。着メロとか自作していた友人もいましたが懐かしい・・・。こういったツールはどんどん進化していきますね。今年入社したような若手はポケベルとか聞いたことも無いのでしょうか。よく言われることですが、何でもスマホで調べられるので自分では記憶したり考えたりする必要がなくなり極端に記憶力が衰えたなと感じます。昔って得意先や友人の電話番号とか、7桁程度の数字など余...
みなさん、おはようございます。皆さん、突然ですがゲームをしますか。日本に先駆けて、世界各国でリリースされたポケモンGOをご存知でしょうか。とうとう、日本でもリリースされました。アメリカでとんでもないダウンロード数を記録するだけではなく、歩きスマホの文化があらゆる問題まで引き起こしている次第です。つい最近リリースされた日本でも同じようなトラブルがきっと怒ることになるでしょう。わたしも試しでスマートフォンにインストールしてみましたが正直、なかなか何が楽しいのかわかりません。ぎゃくに中学生の娘はとにかくあらゆるところに出歩いて、ポケモンGOを楽しんでいます。本当に面白いようで周りのお友達もかなり使い...
通勤時にふとこんな事を思いました。朝起きて、テレビをつけました。ニュースをやっています。食事をして歯磨きして着替えて出勤します。電車に乗るために駅の改札を通過します。通過するときはカード定期券を改札機にタッチします。そして電車の中ではスマートフォンを見ます。先日、プログラマの友人から、コンピュータはいわゆる「パソコン」だけでなく、色々な種類がある・・ということを聞きました。企業などで使う大型の「汎用コンピュータ」。天気予報の画像処理や学術研究に使う「スーパーコンピュータ」。機械に組み込んで使う「マイクロコンピュータ」等々。今日、私は朝起きて職場のデスクに座るまで「コンピュータ」に一度も触れなか...
最近では有名メーカーのCMの企画も、インターネットで公募したりしているようです。サンプルを2,3メーカーに送り、採用されれば500万円とか貰えるような、大きなコンテストもあるようです。メーカーも、プロの製作会社にCMの製作を頼めば、それこそ何千万、場合によっては億取られたりもします。もちろんプロですから、それに見合った仕事はしてくれるでしょう。このように、いろんなチャンスがいろんな人に与えられる機会が増えてきた時代になりました。インターネット社会の進展は目覚ましいです。2038年には人工知能が完全に人間の知能を追い越してしまうんだとか。このような時代です。我々経営陣も、皆さんの意見は積極的に取...
JTBで数百万人の個人情報が漏えいするという事件が起きました。原因はメールに仕組まれていたウイルスです。送られて来たメールをクリックしたことで自身のパソコンがウイルスに感染し、そして拡散し、ついには内部の情報を外部に送信してしまいました。コンピュータウイルスの手口は年々巧妙化していますが、多くは「個人の心構え」で漏えいを防ぐことができます。業務を行うにあたり、各自、次の事を遵守するようにお願いします。■怪しい送信元や件名のメールはクリックしない■フラッシュメモリなどの小型記憶装置で社内の情報を外に持ち出さない やむを得ない時は必ず上司に相談する■感染が疑わしい事象が発生したら、直ちに自身のパソ...
皆さんおはようございます。最近の技術動向としてはロボティクス、IOT、AIといったキーワードがメインになっています。そして、これらの技術がすべてこれからの世界を担っていく要素の1つになっています。特に進化は目覚ましいのがAIではないでしょうか。AIが人間の知能を追い越すのは2045年だと言われています。また近いところに行けばこの技術を使って自動車の自動運転システムが確立されるのが東京オリンピック以降になるのではないかといわれています。もちろん技術の進化は喜ばしいことですが、これから人間の人智の及ばないようなところまで発展して人間の倫理観が全てを左右すると言うような事態に陥ることが予想されます。...
みなさん、おはようございます。最近、AIについていろいろなところで話題になっています。AIの進化によって自動車の自動運転や工場の更なる効率化、さらには経営判断や投資までAIに任せようという話題が出てきているほどです。テレビでもAIが囲碁の世界王者に勝ってしまうような程進化しています。また、最近マイクロソフトの開発したAIが人類を滅ぼすことを示唆するようなコメントをだしてしまうようなトラブルまで出ています。各企業もAIの技術者を確保することに躍起です。聞くところでは数万人規模で世界で人材が足りていないということです。これからの時代、AIをはじめとした科学の力でさらに生活や企業活動は盛んになってく...
おはようございます。パソコン、スマホ、テレビ、電子レンジと、人間の生活は電磁波によって取り囲まれています。身の回りのものが常に強い電磁波を放っていることを、ついつい忘れてしまいがちです。電磁波を受け続けると、人間の体にはたいへんな悪影響があります。頭痛がしたり、イライラして怒りっぽくなったり、集中力が無くなったり。そこで電磁波デトックスを行う必要があります。デトックスとは身体に溜まった毒物を外に排出する行動のことです。例えばよく知られるデトックスは、身体の細菌やウイルスを殺すサプリメントを飲んだりということがあります。電磁波の場合にはどうやってデトックスをしたら良いんでしょうか。電磁波デトック...
お早うございます。シャープは2015年から、会話可能で持ち運びもできるロボット型スマホ「ロボホン」を販売しています。このロボットは二足歩行で歩いたり踊ったりするだけでなく、会話したり写真撮影したり、電話やメールという通信装置の役割もする、ロボット型のスマホなんです。従来のロボットというと、向上で稼働している製造ラインのロボットや、いまだ一般には普及していない介護ロボットを思い浮かべます。ホンダのアシモは知られていますが、これも身近なロボットではありません。いま家庭には小型の掃除ロボットが普及しているといっても、人型ロボットは単なるおもちゃの延長線上でしかなかったでしょう。いま自宅でなんらかのロ...
自動車や家電製品を手掛ける製造業、取り分けそのトップ企業である主なメーカーの中での品質改善業務に於いて、不良率などが焦点に上がることは多々あります。品質検査、取り分け外観検査に於いて、人の目は5%の過ちを犯すと言われています。この5%が良品を不良品と誤判定するならまだ良いものですが、不良品を良品と誤判定してしまったら、100個中5個の不良品が市場に出回ってしまうということです。外観上での不具合品ですので、細かな点までお目に止まらないお客様でしたら、そのまま不自由なくお使い頂けるのかもしれませんが、通常は「なんだこのキズは?!」とお叱りのお言葉を頂くことになるのです。製造業では昔から良く言われて...
皆さん、おはようございます。最近科学の進歩が目覚ましく非常に好ましい点ではあります。しかし、この進歩が正しい方向にむけば良いのですが多少の懸念材料も世論としては騒がれています。1番大きな懸念がなんといってもAIの進化になると思います。今の技術が進歩していけば2045年には人間をAIの力が向くと予想されています。もちろん便利になる事は問題ないのですが、新たな社会問題として人間の職業がすべて家に置き換わってしまい労働力が溜まると言うことも起こりかねません。また昨今も話題になりましたがAIが暴走することによって人間社会を脅かすことにもなりかねません。人間が正しい倫理観を持ってAIの開発を進めるだけで...
みなさん、おはようございます。先月、なかなか人間を超えることが難しいといわれた以後の世界で世界最強と言われた名人がAIに負けることになってしまいました。今はAIの開発で第3の波と言われています。単にコンピューターに物事を覚えさせるだけではなく、過去のデータから深く考えさせることができるいわゆるディープラーニングという考え方が主要になっているそうです。最近、いろいろAIについて魔弾でいるのですがなんと2045年にはAIが人間を超えてしまい、職業も人間からとってかわるものが本当に多くなってしまうのではないかと言われているほどです。直近で分かりやすいものとしてはビッグデータとAIを活用した自動運転に...
みなさんはそれぞれ部署も違い、日常取り組んでいる業務も違います。仕事の成果として作り出している物も、大きかったり小さかったり、形の無いデータだったりさまざまです。今日はそういった中で、とても小さい物のお話をしたいと思います。薬のお話です。みなさんの中で、一年間全く薬のお世話にならないという人はほとんどいないでしょう。現代人の生活は薬と切り離せません。これだけ文明が発達していても、人間というのはちょっとしたことでバランスを崩してしまうものです。人間も動物である限り、仕方のないことなのかもしれません。体調を崩してしまうと、その人本来の能力が発揮できなくなってしまいます。作業のスピードが落ちたり、精...
この数年で、車はハイブリッド車がかなり普及してきました。また、電気自動車も遠い先の未来の出来事かなと思っていましたが、実際に各社から販売されて現実のものとなっています。そうなると、車の行き着く先には何が待っているんだろうと思ってしまいます。車の究極の姿は、自動運転です。ハンドルを持たずに、車が勝手に行きたい所へ私たちを届けてくれるというのが、未来の話になると思います。これはもう、かなり前からITSという構想で、官民一体となって取り組まれている動きです。ITSとは、Intelligent Transport Systemsの略で高度道路交通システムと呼ばれているものです。車の革新的な技術開発だけ...
皆さん、お早うございます。今朝は、テクノロジーについてお話したいと思いますが、先ず最初にこの「テクノロジー」という言葉の定義ですが、と始めると「朝から何だか小難しい話になりそうだな〜」と言われそうですので、それは止めておきます。今朝私が話したいのは「テクノロジー、即ち、科学技術」の変遷についての話です。 私たち日本人は、そう、ここでは昭和生まれの、としておきましょうか、いくつものテクノロジーの変遷をこの目で見て、体験してきていますね。例えば、テレビです。「白黒のブラウン管」に始まり「カラーテレビ」へ、そして「液晶やプラズマの薄型テレビ」が出現し、「3D」だの「4K」だのと、変化してきました。ま...
みなさん、おはようございます、。AIについては巷でかなり話題になっていますが興味はありますか。わかりやすいところではなかなか人間を超えることが難しいといわれていた以後の世界でコンピューターが世界チャンピオンに勝ってしまうというところまで進歩しています。そこにはディープラーニングというまさしく、人間の人知を越えようかという域に達しようとしています。また、専門家の意見によれば、このペースでAIの開発が進めば、2045年には人間を超えてしまうという憶測まで出ているほどです。また、2045年を待たずして、人間の仕事をAIが奪ってしまうことも想定されています。シミュレーションでは弁護士、裁判官といった過...
21世紀に入り、テクノロジーの発展スピードがますます加速してきています。特にIT業界はドッグイヤーとも呼ばれ進化の速度が驚異的になっています。私たちはこうしたテクノロジーの変化とは無縁ではいられません。もはやテクノロジー抜きでは仕事ができなくなっています。こうしたテクノロジーの発達に合わせて業務を行っていかなくてはならなくなるでしょう。テクノロジーの変化が激しい時代ですので、最新テクノロジーについての勉強は不可欠となります。特にパソコンを使ったスキルは必須ですし、少しでも業務を効率化するために新しいテクノロジーを取り入れていくことも必要です。また最新テクノロジーであっても、勉強したばかりの技術...
みなさん、おはようございます。今日は昨今、問題になっているスマートフォンの使い方のマナーについてお話ししたいと思います。みなさん、スマートフォンお持ちですか?ほとんどの方がお持ちかと思います。しかし、マナーについて考えながら使っている方はどの程度おられるでしょうか。わたしの場合、高校生と中学生の娘がおり、マナーについてしっかり教えたいので自分自身もいつもマナーには気をつけるようにしています。まずは歩きスマホは絶対しません。みなさん、危険を感じたこともあるでしょう。だからこそ子供達にも絶対にしないように言いつけています。次にSNSとの付き合い方です。いろいろなトラブルにまきこまれがちななので、基...
みなさん、おはようございます。さっそくですがAIという言葉をご存知ですか。今話題になっている人工知能のことです。最近のニュースからいうと自動車の自動運転などがわかりやすい例になっています。また、映画やドキュメント、アニメなどでもAIを題材にした作品が数多く出てきています。もちろん、AI、すなわち人工知能によって人間の生活がより便利になっていくことは受け入れるべきですが、恐ろしいのが人間を超える日が想定されていることです。私が読んだ著書の中では2045年にはAIが人間の能力を超えてしまうということです。すなわち、今の人間がこなしている仕事がAIによって置き換わることで仕事もなくなっていく可能性が...
みなさん、おはようございます。わたしはいま、若い世代向けにいろいろなセミナーを企画実施する仕事を生業にしています。最近はテクノロジーをいかにうまく活用していくか、テクノロジーと社会の結びつきを考えていくといったテーマばかりでしたが最近は違った観点で研修やセミナーを企画したいと思っています。なんだか自分の仕事のプレゼンのようですが最近、本当に感じていることなのでみなさんにご紹介したい次第です。みなさん、ご存知の通り今はどんどん技術が進歩しています。子供たちもふつうにIT機器、タブレットやスマートフォンを自由自在に操り、一世代前の人間以上にIT、テクノロジーに近い世代になっています。もちろん、こう...
最近太陽光発電というキーワードが世間で注目されています。ご存知のように太陽光発電は再生可能エネルギー、風力火力地熱バイオマスと並んで自然の力で発電ができるエネルギーの一つですが2011年3月東日本東北沖大震災による東京電力原子力発電所の破壊とその後の全原子力発電所の停止、同時に原油の価格高騰で国内エネルギーがひっ迫したことを受けて注目されました。2012年には再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まり特に太陽光発電の買取価格が他の再生エネルギーより高く買取されるようになったことに注目されて多くの業者がこの世界に新規参入してきました。それからすでに4年ほど経過しましたが田舎の道路を走ってみると...
最近はロボットがいろいろなことをしてくれることが増えてきました。工場だけではなく介護の現場、話し相手など、様々なロボットが人を助けてくれるようになりました。重い荷物を運ぶような人型ではないロボットも出てきています。またロボット研究では子供たちを遊ばせたりすることで人間のこと客観的に見えたりわかるようなことがあるそうです。そう考えると人間ほどやはり神秘なものなのかもしれません。我々の仕事のなかにも遠くない未来にはロボットを取り入れていることがあるかもしれません。仕事がより楽しくなりはかどるかも知れませんね。我々は毎年発展していく科学とともにその恩恵を受けとりながら過ごすことができています。科学が...
みなさん、おはようございます。最近のテクノロジーの進化についてこれていますか?さすがにスマートフォンの利用まではそれなりにこなせて、かつSNSもほとんどの方は使いこなせていると思います。しかし、これからいろいろな家電品や身の回りの物がインターネットでつながる時代、いわゆるIOT(Internet of things)となるとついていけない方が多いのではないでしょうか。実際、わたしもその時代に遅れている自覚をした経験をしましたのでみなさまにご紹介したいと思います。実は自宅に太陽光パネル、蓄電池、そして電力の利用を管理できるスマートメーターおよびそれを管理するタブレットを導入しました。これまである...