ほぼ毎日更新!朝礼ネタ提供サイトです。朝礼スピーチ作成にお困りでしたらぜひご利用ください。

総合メニュー


朝礼スピーチ攻略のために!

朝礼スピーチ上達のためにまとめました


健康・ダイエットに特化した
ブログはじめました !!

健康・ダイエットカテゴリは特に人気がありましたので、

別サイト立ち上げてまとめてます!朝礼ネタとしてもお役に立てます♪


朝礼スピーチ・話のネタ・暇つぶしに雑学なんてどうですか?

2月3日 明日職場で話したくなる雑学を更新いたしました。


クイックジャンプメニュー

科学雑学 人間雑学 植物雑学
歴史雑学 動物雑学 政治雑学
地理雑学 病院・病気雑学 就職・転職雑学
保険雑学 株・投資雑学 クレジットカード雑学
借金全般雑学 明日職場で話したくなる雑学 ことわざ・熟語雑学
スポーツ雑学 食べ物雑学 都道府県雑学
生活・身の回り雑学

年中使える朝礼ネタはこちら

無難な朝礼ネタで無難に朝礼スピーチをビシッと決めたい方はコチラ


新年(2017年)用スピーチはこちら

1月3日更新!!

クイックジャンプメニュー

国際 政治 経済
自己啓発 時事 社会
芸能 趣味 スポーツ
テクノロジー ビジネス マーケット
資産運用・借入 健康・ダイエット 人生
季節・時候

ネタになりそうなものつぶやきます!!

熊本地震と南海地震を関連付ける報道の疑問

熊本で大きな地震が起こり、しかも熊本から大分に至るいくつもの活断層が誘発現象を起こし、震源が何カ所かに移動すると言う現象を引き起こしています。

 

この多くの活断層は、大分から四国を横断し、近畿地方の和歌山と大阪の境に至る、大きな断層帯を成しています。

 

この熊本地震が連なる近くの活断層に対して誘発を起こしている事から、テレビニュースでこれが近畿地方にまで居たり、
そうした活断層の地震が南海トラフ地震を誘発したり関連する事はないのかと、取り上げられているのを視聴した事があります。

 

(スポンサーリンク)

 

その時に専門家としてコメントしていた学者は、400年前に同じように熊本から大分、四国、そして近畿地方の京都伏見で大地震が起き、
そのわずか9日後に南海地震が発生した例があり、それ以前にも同様の経過を経た例が歴史に残っており、関連性は捨てきれないと発言していたのです。

 

これは、理系の人なら論理展開がおかしい事に気付くはずです。プレートの潜り込みにより歪が蓄積され、浮き上がる側のプレートに乗る日本列島も歪を受け、
それが活断層の動きを活発にしていると言うのはイメージ出来る気もします。

 

しかし活断層が動いて地震を起こすのは、プレートの歪によるストレスの蓄積以外でも起こります。従って、熊本から近畿に至る活断層帯で地震が発生したものの、
南海トラフ地震が起こらなかった事も数百年のスパンで見れば何度もあったはずです。

 

この両ケースの発生頻度を対比して、初めて両者の連動性に有意性があるか否かが判断できるのですが、これには全く触れていません。

 

しかも京都伏見は、熊本から連動するとされる断層のある大阪と和歌山の県境からは遠く離れている矛盾もあります。

 

(スポンサーリンク)

 

関連性を完全に否定する学者も多い中、このテーマを取り上げ、こうした解説をさせたテレビ局は、ショッキングな情報で視聴率を狙ったと思わざるを得ません。

 

活断層地震も、プレート地震も、起こり得るエリアは想定できても、起きる時期や、20〜30年内に発生する確率予測は不可能と言う説もある中、
こうした報道は不安を煽るだけで、防災を促す効果もないと思うのですが、皆さんはいかが感じられますか、、。

(スポンサーリンク)