朝礼ネタの例文まとめサイト | 朝礼のスピーチ作成に!

あけましておめでとうございます。みなさんは年末年始、どのように過ごされたでしょうか。私は初詣に行っていました。家族で帰省をした方、初詣に行かれた方、家でのんびりしていた方などいるかと思います。さて、箱根駅伝ではどの大学も見事なチームプレーや情熱を見せてくれました。たとえ1区で最下位になってしまってもあきらめず、全力を出し切っている姿が美しいです。仕事をしていると、「もうダメだろう」とあきらめたくなることもあるでしょう。上手くいかないことがあると、そこから立ち直ることが難しく感じることもあるはずです。しかし、箱根駅伝を思い出してください。どの大学も最後まであきらめることはありませんでした。今の状...
新年あけましておめでとうございます。今年は2020年、ついに東京オリンピックの年となりました。世界中の人々が日本に来日されることが予想され今年は景気の良い一年になることを期待します。さて、今年の干支はねずみですが、みなさんなぜねずみが干支の最初かご存知でしょうか?それにはちょっとした理由が御座います。昔々、神様が動物たちに御触れを出したそうです。最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にすると約束したのです。そこで最初に到着したねずみが一番になったのです。ねずみは干支の中でも一番小さい動物です。当然足は遅いです。犬や、虎などねずみより早く到着できそうな動物はたくさんい...
あけましておめでとうございます。今年の干支はネズミです。皆さんはネズミにどんなイメージを持っているでしょうか?灰色でしっぽの長い汚れや病原菌を媒介する嫌な生き物というイメージの人もいると思います。なかには害獣として家の家具や食料を齧られてしまった方もいるのではないでしょうか?ネズミは私たち人間が農耕を始めたはるか昔から、私たちの生活圏のすぐ隣で生きてきました。先程の嫌なイメージももちろんネズミの特性のひとつですが、一方で私たちご先祖様たちはこんな風にネズミの好いところを挙げているのです。まず1つ目、ネズミは子孫繁栄のシンボルです。ハツカネズミのように多産で二十日も経てば大人になるそんな姿をめで...
新年おめでとうございます。昨年はおかげさまで無事に1年を過ごす事ができました。昨年は元号が平成から令和になるという事で、有名人を象徴に令和婚ブームや、平成最後の赤ちゃんと、令和最初に出産する事が話題になりました。特にお兄ちゃんが平成生まれで、弟さんが元号を跨いで令和生まれになるという珍しい双子が居たそうです。新年に向けて加速する令和ベイビーブームを尻目に、2019年の9月までの累計出生数が下がり続けて、67万3800人だったそうです。これは200万人近くが生まれた1975年から毎年10万人ペースで落し続けて、ここ20年近くは5万人から3万人ほどジワジワと下げ続けているようです。こうなった原因の...
皆さん、あけましておめでとうございます。新年を開けまして、○○会社は目標として○○という生産目標を課しています。この目標を達成すべき、新しく年明けをした今、皆さんお互いに協力し合うことで目標を達成することができるよう努力をしましょう。また、新年早々ですが、現在の目標を達成するに際し、現状の環境下では現場の判断としては不可能であると判断し、最新鋭の機器の導入を行いました。強いてはその機器の取り扱いを皆さんが塾託したのちに再度目標が達成できるものであるかを判断し、目標に達成できそうにない場合については人員を増やす他、本部と掛け合い目標を変更するつもりでいますので皆さんどうか新しい機器になれてお仕事...
 皆さん、おはようございます。お正月はどのように過ごしましたか? おせち料理を食べたり、初売りに行ったり、里帰りをしたり、旅行をしたりとお正月は、とてもたのしい行事が盛りだくさんですよね。 ですが、お正月だからこそ気を付けたい事があるのも事実です。 今日のスピーチは、「新年から嫌なものを見たが、気を付けよう」と僕が感じたエピソードをスピーチしていきたいと思います。 宜しくお願い致します。 とあるショッピングモールでの初売りの帰りの事でした。 大きな道路の横断歩道を渡ろうとした時、警察車両や事故処理車、救急車等が停車しておりました。 そして、救急車は患者と思われる男性を乗せて、サイレンを鳴らして...
年末年始のテレビ番組で松下幸之助や稲盛和夫といった昭和の偉大な経営者の特集を見ました。最近は中国の若き起業家もこのような日本の経営者を目標にして頑張っていると言う話です。実際に日本の若者が同じような志を持って仕事に臨むことができているかと言えば決してそんな事はないと思います。何よりもハングリー精神がないのが1番の要因です。新年を迎えるにあたって日本がいかに世界各国と渡り合っていくことができるかを考えたときにハングリー精神を持つことが1番だと思いました。私自身も入社した頃はガツガツとハングリー精神を持って仕事に臨んでいましたが今は現状維持を目指しているところが残念だと思います。当社のグローバルシ...
日々の全てには始まりがつきものです。一日の始まり。仕事の始まり。このように考えると全てにおいて始まりがあると気が付きます。みなさん、始まりのときを迎えたら、必ず明るい笑顔と挨拶を忘れないようにしてみてください。これらは、相手に対する礼儀であるとともに、自分自身のヤル気スイッチをオンすることに繋がるからです。おはようございます。よろしくお願いします。これらの言葉をなんとなく発するのではなく、ぜひ心の籠った挨拶として言葉にするのです。すると、自分の気持ちも引き締まり、相手に対しても謙虚な気持ちが伝わり、気持ちよく物事を始められるからです。そして、笑顔を添えることを忘れないようにしましょう。どんなに...
年末年始の報道で最も気になったのは少子高齢化がどんどん進んでいると言うことです。実際に新成人が120万人。最も多い頃と比べれば半分程度になっています。日本の人口が減る事はひいては経済力の退化につながってしまいます。中国にGDPが追い抜かれて世界の第3位となってしまいましたがさらにその国の力は落ちていく可能性があります。今、我々のような現役世代が次の世代に向けて何ができるかをしっかり考え、日本の力を蓄えておくことが非常に重要だと考えます。また、中国やアジア各国の若者に比べると我々日本人は積極性やチャレンジする精神が欠けているのではないかと改めて報道を通じて理解した次第です。いかに、リスクを恐れず...
皆様ご存知の通り私はこれまで語学に対して消極的でした。しかしながら新年度の誓いとして今年度は英語に力を入れていきたいと思います。テレビ会議や来客にあたっても常に誰かに頼りながら仕事を行っていましたが海外のお客さんであっても自分自身で対応することによって仕事への深みを高めるとともにビジネスチャンスを広げることが重要だと考えたからです。すでに英会話スクールの申し込みも終えました。TOEICのテストの受験も行いながら、実践的な英語力を身に付けていきたいと思います。恥ずかしながらすでに自分の娘たちにもTOEICの点数では遅れをとっていますので何とか追いついて自分自身がグローバルなビジネスマンとして模範...
新年になり、今年に厄年を迎える人が少なくありません。厄年の一年は元旦から始まります。厄除けや厄払いは立春までに行うのが慣習となっており、元旦から旧暦の正月である節分までに行うのが最も適しています。ところで、人によって「厄除け」と言ったり、「厄払い」と言われたりしていますが、正確には厄除けと厄払いは違います。厄除けというのは、これから生じるかもしれない厄を防ぐものであり、厄が身にかからないようにお寺で祈祷してもらうことを意味しています。一般的には護摩祈祷が行われており、大道師が人間の煩悩の代わりとなる薪を燃やして焼き清めます。一方、厄払いは払うという言葉通り、自身の中に入った厄を排除するため、神...
 皆様、おはようございます。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 皆様はどのようなお正月を過ごしましたか? 今日これからわたくしがスピーチをさせて頂く内容は、わたくしが新年からとても感動したエピソードをスピーチさせて頂きます。 1月2日の出来事です。1月2日といえば、各ショッピングモールが初売りを開催する日ですよね。 大体1月2日〜1月7日くらいまで初売りをしますよね。因みにわたくしは、1月2日に近所のディスカウントショップへ行き、ちょっと贅沢なお買い物と、福袋を購入しました。 家に帰宅をして、福袋の中身を見てみると、福袋の中身は中々豪華で大満足! そして、「おっ!...
私は自らが発言することで自分自身の目標にプレッシャーをかけることでこれまで様々なことを実現してきました。今年も新年初の朝会のスピーチで自ら宣言をして実行していきたいと考えています。そしてその宣言とは私自身が中心となって今取り組んでいるプロジェクトを軌道にのせることです。あまり普段から自己主張をしない私ですが改めてこの場で今のプロジェクトを絶対に成功させると言うことを皆様に宣言したいと思います。普段あまり主張しない私がこのような宣言をすることで皆様にももっとアクティブに仕事に臨んでもらうことができるからだと考えています。もちろん、プロジェクトだけではなく他の業務にも励む必要がありますが個人的には...
あけましておめでとうございます。令和という新時代を迎え、人々の生き方も変化を感じるようになりました。多様性を認める考え方が浸透し、今年は「普通」「常識」という言葉が死語になるかもしれません。もちろん、多様性を認めることは大切です。多くの人がこのような風潮の中で自分らしく生きることができ、救われているのではないでしょうか。ですが、多様性を認める生き方とは、自己中心的な生き方を認めるということではありません。新年、私は毎年ニューイヤー駅伝、箱根駅伝を楽しみにしています。駅伝の面白いところは、個人としてはぱっとしない成績の選手がなぜかタスキを受け取ると輝くということです。これこそチームの力といえるで...
2020年度が始まりました。令和が始まり、2年目を迎えるわけですがわが社もいろいろな変革が求められる年にあると考えられます。個人的に考えたところでもまずは働き方改革は私のような若手が中心になって上司や同僚、部下の皆様に自ら示していきたいと考えています。これは残業時間を減らすのではなくいかに効率よく働くことができるかを皆さんと一緒に考えていくことが1番のポイントだと思います。人口が減っていく中どのようにわが社が市場シェアを高め、収益を上げていくかは働き方改革にも大きなポイントがあると思います。そして、これまでの規制概念でビジネスを考えていても全く通用しないと言うことも間違いないと思います。これは...
令和二年の新春を迎え、新たな気持ちでスタートしたいものだと思います。それぞれの部署でそれぞれの人たちが、自分の出来ることをしっかり行い、忙しいときはお互いが声をかけあって助け合うという、チームワークを大事に考えていけば、日々の業務もスームスにいくものと思います。会社としての目標はありますが、それぞれの部署でも一日、一ヶ月、一年の目標をしっかりとこなしていけば、自ずと業務も滞りなく進んでいくことでしょう。一年には頑張らなくてはならない繁忙期や、比較的余裕ができる閑散期がどうしても生じてしまうものです。繁忙期は会社の売り上げに直結するような業務をいただける有難さを感じ、閑散期には繁忙期に備え、少し...
私は、新年が始まるたびに思うことがあります。それは、いつも自宅に届いていた友人の年賀状が来なかったのです。私は、どうして友人から年賀状が来なかったのかわかりませんでした。私が中学生の時です。小学校で仲の良かった友人でした。私は、何か友人を傷つけることをしてしまったのかと悩みました。しかし、悩んでも結果が変わることはないことに気付き、悩むのをやめました。そして、私は今年は年賀状が来なかったけれど来年は来るかもしれないと思い、また来年に年賀状を書きました。結果はその友人から年賀状は届きませんでした。もう、来ないのかなと思っていましたが、ずっとその友人に年賀状を書き続けました。その友人との関係は年賀...
明けましておめでとうございます。正月休みは、故郷に戻られて方や自宅で寝正月で過ごされた方も居られる事と思います。新年を迎えて、今年も仕事に趣味に全力で頑張りたいと心を新たにしています。今年の仕事の目標は、会社の新年度が4月からなので、その時に改めて決意表明させてもらおうと思っています。今日は個人的な趣味の目標について少しお話したいと思います。私は数年前から写真撮影を趣味として始め、時間があれば風景写真の撮影を楽しんでいます。写真撮影は、初期投資で一眼レフカメラを購入すれば、後はデジタル化の恩恵で、ランニングコストも掛らず、どちらかと言うとお金の掛からない趣味と言えます。しかも撮影ポイントを求め...
新年あけましておめでとうございます。去年4月に令和の元号が発表され、翌5月には平成から令和に時代が変わりました。そして、今、令和になって初めての新春を迎えることになります。昭和、平成、令和と時代が変わる中、各時代に様々な困難がありました。昭和には第2次世界大戦で大変な貧しさと混乱に襲われ、平成にはバブル崩壊による長きにわたる大不況、加えてリーマンショックによる世界的な不況に苦しめられました。このように、時代ごとに困難があり、それらを乗り越えてきたのが今の日本です。令和元年は各地で今までとは規模の違う大規模な災害が起きました。現在世界的に異常気象が問題視されており、それは日本も例外ではありません...
明けましておめでとうございます。年末年始は、いい充電時間をすごされたでしょうか。今日、全員そろって元気に仕事始めをおこなえることを嬉しく思っています。今年はねずみ年ということで、年男(年女)の私がご挨拶させていただくことになりました。ねずみ年は、干支のなかでもはじまりの年ということで、12年の中で新しいサイクルのスタートだとされています。これまでの1サイクルは、私がちょうど入社してから今までの期間に重なります。色々な方々に様々な面で大変お世話になったおかげで、大きく成長できたと感じており、この機会にあらためて皆さんに感謝を申し上げたいと思っています。私が大学を卒業した時に、恩師からはなむけのメ...
皆さんはお正月にどのように過ごされていましたか?旅行に行った方、帰省した方、ゆっくりと過ごされた方、様々だったかと思います。特にどこにも出かけなかったという方に、これから気軽に行けるおすすめのスポットがあります。それは、富士塚のある神社やお寺です。富士塚とは簡単に言えば、ミニ富士山。主に江戸時代に富士山を模して造られたといわれています。江戸時代には富士山は信仰の対象とされており、富士山への登山も大変人気がありました。しかし、現代のように富士山の麓まで行くのも大変な時代でした。そのため、日本各地に富士塚が造られたといわれています。現在は、なくなってしまってしまっているものもありますが、今でも残っ...
新年あけましておめでとうございます。皆様は良いお年を迎えられましたでしょうか。正月中はご家族や友人とゆったりした日々を送られたことと思います。又、箱根駅伝を見てチームワークやひたむきな努力の大切さを感じ、勇気をもらったという人も多いのではないでしょうか。個人的には、毎年駅伝を見ることで作戦を練って実行することに大切さや、チームワークなど仕事面でも考えさせられることが多いです。2020年といえば、東京オリンピックの開催がもうすぐそこまで来ています。1964年以来2回目となる、前回から56年目に開催されるこの歴史に残るイベントを、皆さんとともに迎えられることを大変喜ばしく思います。日本も外国人労働...
新年あけましておめでとうございます。去年は全国各地で台風などによる災害が起こり、被害を受けた人も多い年でした。それと同時に、令和元年という記念すべき良い年でもありました。今年は何といっても待ちに待った東京オリンピックが開催されるオリンピックイヤーです。皆さんの中にもチケットなどを購入している人がいるかもしれません。私も大いに東京オリンピックが盛り上がることを期待しています。しかし、ただ盛り上がっているだけでは、社会人として遅れを取ることがあるかもしれません。一般的にオリンピックを行った国はその直前・直後から株価が低くなるといわれています。これは当然、オリンピックに向けた投資がなくなることで必然...
みなさん、新年あけましておめでとうございます。年末年始はゆっくりと休暇されましたでしょうか。私は実家のある田舎へ帰省し、両親や親戚と久しぶりに会ってきました。いろいろな世代の人と話をすることで、自分の中の見識が広がるように思います。さて、今年2020年は東京オリンピックが開催される年です。日本に多数の人が海外からやってくることでしょう。新たな時代が始まり、私たちもその熱気に乗り遅れないようがんばっていきたいところです。わが部署においても、売り上げ目標を昨年比20%アップと定めています。それぞれのキャリアや知識、スキルを活かしながら実績を上げていただきたく思います。また今年は子年でもあります。ネ...
新年を迎え、縁起が良いとされているものに、「一富士二鷹三茄子」の初夢があります。これは、江戸時代にできた格言であり、正月明けの夢に出てくると縁起が良いとされる順番です。ちなみに、ほとんどの人が誤解していますが、2番目の鷹は空を飛ぶ鳥の鷹ではありません。ところで、なぜこの3つの順番になったのかは色々な説がありますが、有力とされるのが、徳川家康に縁の深い駿河の国(現在の静岡県)に関係しているというものです。1605年、徳川家康は将軍職を息子の秀忠に譲り、ゆかりの地である駿河に隠居することにしました。久しぶりに駿河に戻ると、初物の茄子の値段の高くなっていることに驚き、『まず一に高きは富士の山、次は足...
新年、明けましておめでとうございます。早速ですが、皆さんは新年の抱負を立てましたか?きっと多くの方が新しい年を迎えて今年の目標や抱負を立てられたのではないでしょうか?抱負の種類は様々で、仕事に関すること、習い事に関すること、健康に関すること、趣味に関することなど人によってぜんぜん違うでしょう。でも自分がどういう風になりたいか、どうあるべきかなどを考えて目標や抱負を立てることはとても大切なことです。そしてその目標や抱負を実現させるために、計画を立てたり、必要な努力を積み重ねることはもっと大事なことです。ですが新年の抱負を立てる人は多くても、それを心にずっと留めて、その抱負を実現させるために継続し...
新年を迎えると、「初夢」について盛り上がる人が多くいます。初夢というのは、一般的には新年を迎えて最初に見た夢とか、そういう捉え方をしている人が多いです。したがって、そういった意味で「初夢」という言葉を使っている人が多いですから、それが常識のような形になっています。しかし、厳密に言えば「初夢」というのは、元日の夜または2日の夜に見た夢のことであり、多くが想像している初夢の定義とは異なっています。こういったことは割とよくあって、本来の意味と一般的に使われている言葉の意味が異なっているというのは私たちが知らないところで起きています。それはビジネスなどの分野でも同様であり、私たちが勝手に思い込んでいる...
皆さん、明けましておめでとうございます。本年は令和二年ですが、令和としては初めて迎える新年という事もあり、例年と違った雰囲気の中で正月を過ごされた方も多くいらっしゃることでしょう。新元号となり初の新年という事で、心新たに今年一年、共々邁進して参りたく存じます。この令和という元号ですが、その由来については様々なメディアに取り上げられていましたのでご存知の方も多いかと思います。万葉集の第五巻「梅花(うめのはな)」からとなりますが、梅の花は「松竹梅」の一つとして昔からこの寒い季節に花を咲かせることから、縁起が良いとされ門松や年賀状に枝や花などが取り入れられ親しまれています。梅の木と申しますと、その花...
月並みですが、新年の目標についてお話させて頂きたいと思います。昨年は、担当するクライアントの業種も数も拡大し、今まで以上にチャレンジができた年でした。ただ、反省として残っているのは忙しすぎて肝心な時に気持ちを奮い立たせることができなかったということと、将来にむけての勉強時間をとることができなかったということの2点です。そこで、新年の目標として、気力体力を養うことと、仕事以外に学びの時間をつくることを挙げたいと思います。まず、気力と体力を養うために、規則正しい生活習慣と食生活を送ることはもちろん定期的に瞑想をして心を鍛え、定期的に筋トレやヨガをして体を鍛えたいと思います。また、仕事以外の学びの時...
明けましておめでとうございます。新年の日本の習慣として、おせち料理やお雑煮を頂き、初詣に出かけるのが定番と言えます。おせち料理は、年末に作り、お正月には主婦を料理の家事から解放する事が一つの目的でした。しかし次第にこの習慣も薄れてきていると感じます。おせち料理を楽しまれている家庭でも、自分で作る方は減っており、出来合いのものを購入される事が増えています。市販されているおせち料理は、現代人の口に合った料理にアレンジが進み、それぞれに意味が込められた食材が使われなくなっています。そんな市販のおせち料理でも、何食もそれで過ごす事はやはり苦痛といえます。正月におせち料理や外食で美味しい料理を食べている...
新年あけましておめでとうございます。新年早々のイベントの1つと言えば、お年玉です。子供のときには皆さんもお年玉をもらっていたと思いますが、お年玉の適切な金額というのは、一体いくらが正解なのかって難しいと思います。人によっては1万円渡しているというケースもあれば、お金持ちの家庭だと、お年玉で10万円を渡しているというような場合もあります。そのために、各家庭によってお年玉の金額ってバラバラなことが多いために、いくらがお年玉の適切な金額というのは決められないのかもしれません。皆さんの中にもお子さんがいらっしゃる方もいますが、皆さんはお子さんにいくらお年玉をあげていますか?子供からすればお年玉は一大イ...
 皆様、おはようございます。と共に、新年あけましておめでとうございます。 皆様、今年も宜しくお願い致します。皆様はどのような年末年始を過ごしましたか? とても楽しかった人、とてもつまらなかった人、風邪やらインフルエンザで寝込んでしまった人、いたって普通に過ごした人、里帰りや旅行をした人、様々だと思います。 わたくしは、いたって普通に日常を過ごしました。ちょっと贅沢な買い物をしたり、年越しそばを食べたり、大掃除等をしたくらいです。(笑) さて今年もわたくしを含め、皆様と、そして、我が社にも良い年でありますように祈るばかりです。 会社からすると売り上げやら業績を飛躍的に向上させ、飛躍の年でありたい...
現在は本物の門松を見ることがほとんどなくなり、門松の描かれた紙を玄関のドアに貼るようになっています。門松は歳神様(としがみさま)が迷わずに家へ降臨できるようにするための目印です。門松は主に松と竹、梅から作られています。松は「神様が宿る木」と信じられており、竹は長寿を象徴するものとされています。梅は早春にどの花より早く咲くことから出世や開運の花に見立てられており、また紅白の花が咲くことから縁起物として使われています。ちなみに、門松の竹は必ず3本になっています。このことは、日本で古くから信仰されている陰陽道が影響しています。陰陽道では奇数が縁起の良い数とされており、3本は2で割り切れない縁起のよい...
2019年もアベンジャーズ・エンドゲームや、その続編となるスパイダーマン、スターウォーズ、新海監督の天気の子などたくさんの映画が評判になっていましたが、2020年になって、私がとても楽しみにしている映画があります。なんといっても今年の春に公開予定の庵野監督のシン・エヴァンゲリオン劇場版:||を楽しみにしています。庵野監督が過去に在籍していたガイナックスという制作会社の社長が準強制わいせつの疑いに問われています。この会社は、庵野監督と大学時代の友人によって立ち上げられたのですが、今は新しくカラーという会社を庵野監督が立ち上げて別会社としてエヴァを制作しています。こうなった経緯が今回の報道に合わせ...
皆さん新年あけましておめでとうございます。去年は忙しくもそれぞれが充実した1年を送ることができたかと思いますが、今年は仕事にプライベートにと去年以上に充実した1年を送って頂ければと思っています。今年はいよいよ待ちに待った東京五輪が開催される年ですが、東京五輪開催によって日本は盛り上がり、そして経済的にも大きく飛躍する1年となるかと思います。五輪と言えば選手が主役として最も目立つことになりますが、それは多くの人の裏方での活躍があってこそです。家族や指導者を始めとした選手をサポートする人々や、大会の運営に携わる人々など、非常に多くの人が協力し自分の役割を果たすことで五輪は成立しています。これは五輪...
今年は、日本にとっては何かと大きなイベントが待っていますので、慌ただしい一年になることが予想できます。中でも東京オリンピックパラリンピックは、是が非でも成功させなければならないといえるでしょう。懸念されているのが、オリンピックパラリンピック後の景気動向かもしれません。確かに、ここ数年間の日本の好景気を支えていたのは、オリンピック招致がもたらした要因も多いといえます。オリンピックによる、東京近郊エリアを中心にした地下の上昇やインフラ整備、インバウンド産業への投資などが挙げられます。先に実施された、消費税増税の影響も景気腰折れリスクを孕んでいるといえるでしょう。政府が躍起になり、ポイント還元やキャ...
新年を迎え、初詣には行かれましたか?今回は【女性】が初詣をする際に気をつけていた方が良い「かもしれない」事をお話しします。女性の皆さんは、月経がある人が殆んどですよね。今の時代に、【男女】の壁は無くなってきましたが、未だに【月経】を【ケガレ】として、嫌な気分になる女性も多いのではないでしょうか?この、【ケガレ】の期間に神社などにお詣りがしにくいのは、私だけでは無いと、思います。そもそも、【ケガレ】は「気枯れ」から来ており、静養して無理をするな!の期間です。女性は月経中はダルかったりしますよね。故に寒い中、初詣りをすることで体調を崩さないように!との、意味合いも兼ねております。しかし、家族や友人...
新年おめでとうございます。2020年、今年は新しいスタートを切ったような気持ちがしています。干支も一周し、個人的には年女なので、一層身が引き締まっています。昨年は、自然災害が多く、普通の生活がどれだけ幸せな事かを考えさせられる1年になりました。今年は昨年感じたことを基に、一年の抱負を立ててみました。私の今年の抱負は健康管理です。特に食事においては、適当に済まさないことですね。インスタントで簡単に済ましてしまう事も多いですが、仕事が休みの日ぐらいは、栄養のバランスにこだわって、料理に力を入れて見ようと思います。次に、日々の運動です。オリンピックが開幕しますし、昨年なかなかスタートできなかった、運...
新年あけましておめでとうございます。例年よりも長めの年末年始でしたが、皆さんはいかがすごされたでしょうか。今年は西暦で2020年、和暦では令和2年と数字の「2」にご縁のある年ですね。昨年、日本は新たな時代へと移り変わり、人々の気持ちは心機一転したところでしたが、その一方では様々な課題や困難の伴う年でもありました。今年、次のステップをよりよく進めていくためのヒントとなりそうな考え方に「ストレングスの視点」というものがあります。人は、何かトラブルが起きた時、一般的にいま不足しているものや欠点、原因探しに注目しがちだと言われます。しかし、課題解決へのよりよい取り組み方は、今すでにある「よい部分」に着...
皆さん、あけましておめでとうございます。本年も会社を盛り上げるべく、一生懸命頑張っていきましょう。そんな新年の始まりを告げる1月の初旬は、気持ちを切り替えるチャンスではないでしょうか。たとえ昨年の手応えがいまいちだったとしても、新年をむかえれば気持ちがガラッと変わるものです。そこで皆さんに提案したいのは、今年の目標を立てることです。エネルギーが満ちあふれている新年ですから、それなりに高い目標を立てやすいですよね。私は営業の仕事に従事していますので、営業成績を今の2倍にすることを目標にしたいと思います。2倍にすることは決して簡単ではありませんが、試行錯誤しつつ頑張りたいと意気込んでいます。言葉に...