朝礼ネタの例文まとめサイト | 朝礼のスピーチ作成に!

 ことわざで、「情けは人の為ならず」という言葉。皆様良く耳にされた事がありますよね。私は、「人に情けをかけると、その人の為にならない。だからかけるべきではない。見て見ぬ振りして助けない方が良い。」と、思ってました。ですが、高校生の頃あるとき知人から、「それは間違いだよ。困ってる人に情けをかけて助けてあげたら、回りまわって、いつか自分が困った時に助けられる事になるんだ。だから情けは人のためだけではないっていうことだよ」と教わったのです。それからしばらくそんな事を忘れて、自分さえよけりゃいいと思い暮らしていました。社会に出て壁にぶつかる事が続いた時、ふとあのことわざを思い出しました。それからは、ま...
若い時代を象徴する「青春」という言葉は青龍神、朱雀神、白虎神、玄武神を奉った中国の信仰が語源です。これらの四神は象徴的な聖獣で、青い龍である青龍神が東を、赤い鳥である朱雀神が西を、白い虎である白虎神が南を、黒い亀である玄武神が北を治める方位神であり、漢の時代の中国では家の屋根の四方に配したり、墓の四方の壁に描いたりしました。また、それぞれが春夏秋冬を司る四季神でもあり、青龍神が春を、朱雀神が夏を、白虎神が秋を、玄武神が冬を守ることから「青春」や「朱夏」「白秋」「玄冬」の言葉がうまれ、やがて人生になぞらえるようになりました。青春は16歳〜30代前半、朱夏は30代後半から50代後半、白秋は60代前...