朝礼ネタの例文まとめサイト | 朝礼のスピーチ作成に!

癒しブームの今日この頃。癒しの代表「猫」と「アロマテラピー」には、実は意外な関係があるのです。皆さん猫って何を食べるかご存知ですか?猫のエサってコンビニやスーパーでも必ずおいています。それはなぜかというと、猫は肉食だからです。猫は肉食なので人間と同じような食べ物を食べることが出来ません。ちなみに犬は雑食です。そして、「アロマ」と呼ばれているエッセンシャルオイルは、植物から作られます。勘のいい方はお気づきかと思いますが、そうなのです!猫は植物成分を分解することが苦手なのです。食べていないにしろ、呼吸などからでも体に入ってきた植物成分を分解することが出来ないため、分解を請け負う肝臓にダメージが生じ...
皆さんは自分にご自身にお似合いになる色をご存じですか?例えばピンクが似合うといってもフューシャピンクやコーラルピンクなど色々なお色味があるので、どなたにもそれぞれにお似合いになるピンクが存在します。その様に細かくそれぞれのカラーの中で自分に似合うお色を知る事が出来るのがパーソナルカラー診断です。お肌、髪色、瞳の色などを参考にして春夏秋冬の4つのタイプに分ける診断で、お似合いになるカラーを身に着けますと、肌の色艶がよく見えて透明感が増し魅力的に見えます。大まかにに分けると黄みがかかったお色が似合うタイプ(イエローベース)と青みがかかったお色が似合うタイプ(ブルーベース)の2種類があり、そこから明...
昨今の異常気象で、野菜が高騰することが多くなりました。農薬など食の安全の観点からも、野菜を自分で育てようという人が増えてきています。本格的に畑を借りて育てる人から、庭のプランターや台所で簡単に栽培する人まで、規模は様々ですが、今や1つの趣味として地位を確立しています。さて、野菜を栽培するとき必ずしなければならないのが防虫対策です。ホームセンターでは色々な農薬が売られていますが、農薬だけでは虫の被害を完全に防ぐことはできません。なぜなら、農薬は「薬剤がかかった虫を退治する」または「薬剤がかかった作物を食べた虫を退治する」だけで、「虫が寄りつかないようにする」忌避効果は期待できないからです。そこで...
冬至は立春と立冬の丁度中間にあたり、一年のうちでもっとも日の出から日の入りまでの時間が短い日です。翌日からまた徐々に太陽の当たる時間が長くなることから「一陽来復」といい、運気が高まることを意味します。かつては冬至を境に年が改まるとも考えられおり、キリスト教のクリスマスももとはケルト民族の新年の祭りだったとの説があります。お節料理と言えば今はお正月の食べ物ですが、節句に食べる料理をお節といい、二十四節気の一つである冬至には昔からかぼちゃを食べる習慣があります。ビタミンの不足しがちな冬に、保存の効くかぼちゃが重宝されたせいもありますが、「ん」のつく食べ物は縁起が良いとされ、特にかぼちゃ(なんきん)...