朝礼ネタの例文まとめサイト | 朝礼のスピーチ作成に!

2017/01/31 23:31:31 | 動物に関する雑学
海に生息している凶暴な動物といえば多くの人がサメをイメージすると思いますが、凶暴なサメだけでなく、大きなサメとして有名な14メートルにもなるジンベイザメから体長20センチほどのツラナガコビトザメなど種類は多いです。サメは恐竜よりも前から生存していたと言われており、4億5000万年前のサメの歯の化石が発見されています。サメの大きな特徴としては、嗅覚や視覚などの五感の他にも感覚を持っていて第六感を感じる事が出来る動物です。第六感として磁場を感じる事が出来て、ロレンチーノ瓶と呼ばれる器官で、磁力を感じる事が出来ます。磁場を感じる事により、獲物を探したり、方向感覚を保つ事が出来ると言われています。サメ...
2017/01/31 23:31:31 | 動物に関する雑学
水族館などでショーを行う人気のイルカは、とても賢い動物として知られています。イルカは陸上にいた動物が水中生活をするようになり、進化しいった動物とされていて、肺呼吸をしています。イルカはは海に戻る前の先祖はカバだと言われています。そんなイルカの特徴として、泳ぎながら眠る事が出来る動物で、中には片目を開けているイルカもいます。片目だけを閉じている理由としては、脳が半分だけ眠っている状態とされ、半球睡眠という睡眠方法です。半球睡眠をする事で、眠っている間にも周囲を警戒したり、呼吸の為に海面に出たりする事が出来ます。野生のイルカではドラッグ中毒者がいるかもしれない事が研究によりわかっています。人が食べ...
2017/01/31 23:02:31 | 動物に関する雑学
ダチョウは脳みそより目ん玉の方が大きいのです。目はいいようですが頭はどうなのでしょう。ナマケモノは命の危機に陥ったら全身の力を抜き脱力します。さすがナマケモノです。ハムスターはお腹が空くと共食いします。可愛い顔して怖いです。電気ウナギは自分も感電します。感電はしますが脂肪が絶縁体の役目を果たしています。サイの立派なツノは毛の塊です。実は人間の髪の毛と同じ成分なのです。クリオネは一生の間にほとんど食事をとりません。約2年間の寿命で1度か2度だけ食事をします。チョウザメはサメではありません。その姿かたちがサメに似ているという理由で名づけられました。ゴリラはみんなB型です。ゴリラはみんな自己中なので...
2017/01/31 23:01:31 | 動物に関する雑学
 犬がしっぽを振るのは、喜んでいるとか、うれしさの表現といわれていますが、それはどうやら、すこし違う場合もあるようです。 ある専門家の話では、犬がしっぽを振るのは、目の前に現れたものに対する関心が高まっているからだそうです。たしかに、飼い主や顔見知りの人が近づいて来たときには、喜びを表現していますが、見知らぬ人や不審者が近づいてきて、警戒している場合にも、犬はしっぽを振るということもあるそうなのです。つまり、しっぽを振っている犬に噛まれてしまう場合もあるという事だそうです。こちらの方を見てしっぽを振っているからといって、「あっ!なんか喜んでいるようだ。」と思って近づくと噛まれてしまうケースもあ...
2017/01/31 23:00:31 | 動物に関する雑学
神秘的な海の動物といえば、独特の容姿をしているタツノオトシゴです。水族館でも見る事が出来るタツノオトシゴは、魚の仲間で海外ではシーホースと呼ばれいて、海の魚という意味になります。タツノオトシゴの寿命は長くて5年とされていますが、その中で特殊な子育てを行います。タツノオトシゴはオスが子育てをする動物で、オスのお腹には育児嚢という袋がついていて、カンガルーみたいな袋で、付いているのがオス、ないのがメスと視覚的にオスとメスの見分けがつける事が出来ます。オスは育児嚢の中にメスが生んだ卵を入れて孵化させます。成長するまでオスが育てるという珍しい動物で、お腹が出てしまう事からオスが妊娠した様に見えます。水...
2017/01/31 22:59:31 | 動物に関する雑学
水辺でよく見る美しい鳥と言えば白鳥ですが、もともとはシベリアなどの寒い国で生まれています。冬になるとシベリアから南下して日本にやってきます。4000キロも日本から離れたシベリアから2週間ほどで渡ってきます。毎年東北地方の湖や沼、川に全体の70パーセントが渡来すると言われています。空を飛ぶ事が出来る鳥の中では体重は最も重いです。白鳥はとても優雅なイメージもあり水面に浮かんでいますが、水面下では足を激しく動かして必死に泳いでいます。そして白鳥は、鳥としては体重が重いのに水面に浮かぶ事が出来る理由としては、お尻から特殊な油を出し、羽をつくろう時に油を羽毛にこすりつける事で、水面に浮きやすくしています...
2017/01/31 22:57:31 | 動物に関する雑学
皆さん、猫と言えばどのような猫をイメージされますか?よく出てくるのは、虎猫や白猫、黒猫、三毛猫などでしょうか?さて、今回は、そのよくイメージされる猫の一つ、三毛猫の雑学についてお話しましょう。一般的に黒、茶、白の毛色を合わせ持つとされる三毛猫は、欧米では、トーティー&ホワイトやキャリコなどと呼ばれ、幸運のシンボルとして多くの人に親しまれています。しかし、そんな三毛猫のオスって、皆さん、ご覧になられたことはありますか?実は、三毛猫のオスは、かなりの希少種なのです。では、なぜ三毛猫のオスは少ないのか?それは三毛猫に必要な黒か茶の毛色を決める遺伝子が、メスの性別を決めるX染色体の上にしかないためです...
2017/01/31 22:57:31 | 動物に関する雑学
スーパーなどで販売されている事が多く、食卓に並ぶ事の多いイワシですが、水族館などでは群れをなして泳ぐ姿を見る事が出来ます。食用としても栄養価が高いイワシですが、名前の由来は、小さくて弱々しいイメージがあり、釣りなどでも陸に上げるとすぐに死んでしまう事から弱しがイワシになったと言われています。イワシを漢字で書くと魚辺に弱と書いて鰯と呼びます。イワシは、人間と同じく右利きと左利きが存在すると言われています。イワシの右利きと左利きは回る方向がそれぞれ異なっている事で、右回りのイワシは常に右回りに泳ぎますが、3分の2は右回り、3分の1が左回りに泳ぐという調査結果があります。水の流れをかき回したとしても...
2017/01/31 22:56:31 | 動物に関する雑学
毒をもつ生物をイメージするとキングコブラやサソリなどを想像できますが、キングコブラの37倍、世界最強の毒蛇として知られているインランドタイパンの2倍の毒性を持つと言われているアンボイナガイという貝は、日本の沖縄などに生息しています。アンボイナガイは、イモガイ科の仲間で貝殻がとてもキレイでコレクションとして人気があります。アンボイナガイは、捕食性で毒腺がついた銛で他の動物を突き刺し、麻痺させて捕食します。毒は世界中のどの毒蛇よりも強力で、一個体に含まれる毒は人間30人分の致死量に値すると言われています。アンボイナガイで注意しなければいけない事は、深い海に生息している訳ではなく、普段レジャーなどで...
2017/01/31 22:55:31 | 動物に関する雑学
動物園で人気の動物と言えばサバンナなどに生息するシマウマですが、草原に白と黒の縞模様だと目立ってしまうと感じるのは人間だけで、実際にシマウマは縞模様でもしっかり生存しています。サバンナで生き続けているシマウマが進化の途中で保護色である緑や黄土色の毛色にならなかった理由としては、動物の色彩感覚は人間に比べると遥かに劣っていて、世界が白黒でしか認識できない動物が多いからという事です。白と黒の縞模様は、周囲に生い茂っている草葉などが保護色になりカモフラージュする事が出来ます。さらにシマウマは、群れを作って行動する動物なので、集団でいる事で、群れの個体数が認識しづらくなり、慎重に狩りを行う必要がある肉...
2017/01/31 22:52:31 | 動物に関する雑学
釣り人の中では、人気のある魚であるベラ科の魚であるキュウセンという魚の雑学です。様々な魚の種類がいますが、シャープな引きで釣り人を魅了するキュウセンの名前の由来は、横に九本の線がある様に見えるという理由からキュウセンと呼ばれています。しかしベラ科の魚も多くあり、繁殖期に頭の上が黒くオハグロの様に見えるオハグロベラや川を流れる笹葉の様な見た目からササノハベラと言う様にしっかり名前が付けられているベラに対してキュウセンはベラという名前も与えられずに呼ばれています。そんなキュウセンですが、産まれてくるのは、雌だけという特殊な魚で黄褐色の色です。成長すると体長が15センチほどになると雌から雄へと性転換...
2017/01/31 22:51:31 | 動物に関する雑学
食生活の中で良質なタンパク質を含み、美味とされるタコですが、日本語では、タコという言葉には、手が多い生物という意味があります。足が8本と多く外見が昆虫の蜘蛛に似ている為に海蜘蛛と呼ぶ説もあります。英語ではオクトパスと呼ばれていますが、意味としては足が8本という意味がそのままの姿を表した名前としてつけられています。タコは別名ではデビルフィッシュという名もあり、宗教によっては食用にしてはいけない、鱗の無い魚として扱う国もあります。日本では人気のタコですが、タコの知能はとても高いと言われてます。タコは色を判別する事が出来て、物体に触れる事で形を認識する事が出来ます。タコはとても綺麗好きとして有名です...