朝礼ネタの例文まとめサイト | 朝礼のスピーチ作成に!

2017/01/31 23:08:31 | 歴史に関する雑学
1853年に代将マシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊がアメリカ大統領の親書を徳川家慶に渡すため日本に来航しました。しかし当時の日本にはアメリカの公用語である英語を話せる人がほとんど存在せず、アメリカ合衆国海軍東インド艦隊にも日本語で話をすることが出来る人は居ませんでした。それでは彼らは何語で話をしたのでしょうか。1633年から1639年まで日本では鎖国が実施されており海外との貿易に制限が掛けられていましたが、長崎の出島を通じてオランダと貿易しており、蘭学と呼ばれる海外文化や学術が日本に入っていました。そのことから、オランダ人のアントン・ポートマンがアメリカ側の通訳として、英語を...
2017/01/31 23:06:31 | 歴史に関する雑学
食事の回数は、現在は1日3回「朝・昼・晩」が一般的ですが、江戸時代の中期までは1日2回「朝夕のおもの」と言い、っていたようで、江戸では屋台なども出始めました。この頃は寿司など屋台で販売され、ネタも大きく江戸時代の人は、大食だったとも言われています。食べやすいサイズになったのは現代になってからです。また食事の回数が3回になった理由は、天下太平の世の中になり、幕府や藩の雑務が増えた為と言われています。長崎名物の「カステラ」は、ポルトガル語で南蛮菓子として伝わり、和菓子へと変化しました。元々はスペイン領の北方にあった国の名前だったようで、ポルトガル人はスペイン人のことを「カステラ人」と言います。当初...